機械設計の心得

 
自動テープ貼り機写真の機械は直径30mm〜55mm位のパイプに反射テープを何列か自動に巻いていき パイプの端面に面取り仕上げする機械です。
パイプ自動供給部 パイプ整列部 テープ貼り部 パイプ端面仕上げ部の構成になっています


パイプ自動供給部

パイプを200本位ストックしておいてテープ貼り部に1本づつ確実におくるための装置です。

パイプ整列部

パイプ供給部より1本づつ送られてきたパイプをテープ貼り部に送り込む装置です。パイプの左右の位置決めを行い基準の位置を常に一定にして送ります。


テープ貼り部

ロールに巻かれた反射シートをパイプ径に応じて定寸送りし カットして
パイプに貼り付けていきます。


パイプ端面仕上げ部

テープの貼られたパイプが排出されてきたら一旦ストッパーで止めます。
パイプ端面の面取りをおこないます。